ゆかたのたたみ方
浴衣・着物のたたみ方

浴衣のたたみ方は、覚えてしまえばむずかしくないので

おでかけして一度干した後には、たたんでみて下さいね。

着物のたたみ方も、基本的には同じです♪

たたみ1
たたみ2
ゆかたを図のように広げます。 赤線部分の縫い目を中心に、下前部分を折りかえします。

たたみ3
たたみ4
同じ色の★印を合わせるようにたたみます。 赤線部分の縫い目どうしと★印を、合わせるようにたたみます。

たたみ5
衿部分のたたみ方を拡大解説します。  

たたみ7
たたみ8
たたみ9
首元部分を図のようにたたみます。 赤線部分の縫い目を中心に★印を、合わせるようにたたみます。 内側で図のようにたたまれるようにしてください。

たたみ10
たたみ11
上の袖を向こう側へ折り返します。 点線部分を軸に、裾部分を折り曲げます。

たたみ12
たたみ13
全体を「えいやっ!!」とひっくり返します。このとき、せっかくたたんだ今までの部分が乱れないように注意してください。 袖をこちら側へ折り返します。

たたみ14
たたみ15
たたみ16完成
たたみはこれで完成ですが、収納する際、さらに小さくたた見たい場合は… 点線部分を軸に、折り曲げます。袖部分で折り曲げてしまうと、次回着る際に袖に折りジワが入ってしまいます。袖部分を避けて、図の点線あたりで折りましょう。 完成です。


当サイトの無断使用・無断複製は硬くお断りします。

Copyright © 2006 KOIKIMONO ( RAIKA Co.,LTD. )All Rights Reserved.